校正/校閲


印刷物を作成する際には、お客様のご要望に応じたチェック体制をとらせていただきます。いずれも担当者にご相談ください。

校閲

原稿そのものの記述に誤りがないか詳細なチェックをします、ときには現地で目視確認をすることもあります。

 

書籍、出版物の場合は著者校正と合わせて校閲をかけるのが一般的です。

校正

原稿と照らし合わせて、誤字、脱字がないかをチェックするのが基本です。

 

データ入稿の場合は、文字化け、行飛び等の不具合をチェックします。(通常は内校として社内で行います)